世界のこども環境

ドイツの公園づくり|難民のこどもたち

公園づくりにおけるドイツのこどもの参画 こどもミュージアムで見えるベルリンの多様性

 |ドイツ・ベルリン|遊具デザイン|こどもの参画|こどもミュージアム|多様性|難民|

 

Creative Atelier GmbH / Labyrinth Kindermuseum Berlin 桂川 茜

 

 こんにちは。ドイツのベルリン在住の桂川です。遊具製造会社に属するデザインスタジオとこどもミュージアムで働いています。早くからこどもへの政治教育が始められ、様々な分野でこどもの参画が取り入れられてきたドイツでは、公園や遊具の計画にも頻繁にこどもが参画しています。

 

こどもの参画

 ドイツでは、1920年代から政治教育の中でこどもや若者の参画が唱えられてきました。その後、家庭や学校の中でも、こどもの意見に耳を傾けることが徐々に重要視されるようになり、1992年にドイツでも国連こどもの権利条約が承認されてからは、こどもの参画の権利がいろいろな場面で真剣に捉えるようになりました1)。「こども・青少年支援法(KJHG)」2)という法律によって、地域・学校・公園・家庭など、こどもや青少年が関わるあらゆる場所において、施設やサービスを選ぶ権利が守られ、こどもと青少年の参画と共同決定は、彼らの育成活動の基礎であることが定められています。

 

公園・遊具デザインにおけるこどもの参画

 公園や校庭の計画の場面でも、こどもが参画するケースが多く見られます。市や区ごとの「こども・青少年課」、学校、ユースクラブなどにこどもたちが集まり、アイデアを出したり、スケッチを描いたり、モデルを作ったりしたものが、私たち遊具製造会社に届き、それを元に、安全基準を満たす遊具をデザインしていきます。その例をいくつか紹介させていただきます。


フライドポテト公園 − ベルリン
https://www.youtube.com/watch?v=sEQGVDhhJc8

 このプロジェクトでは、地域のこどもたちが、新しく建てられる公園のためのアイデアを出し合い、「テーマ : 食べ物」「遊具 : 大きい滑り台・ブランコ・バランス・水遊び」などといった条件が遊具メーカーの元に届きました。数社がモデルを提出した中、私たちは動画の一番初めに出てくるスパゲッティ公園を提案したのですが、こどもたちの審査によって、他社のフライドポテト公園に決まりました。

チーズドーム公園 − マクデブルク

 こちらのプロジェクトでは、この公園の近くの3つの小学校に通うこどもたちが、学年ごとにアイデアを出し、スケッチを描き、体育器具でモデルを作りました(写真1,2,3)。モールや紙でモデルを作ることは多いのですが、全身の動きを使ってモデルを作りながら出てきたアイデアはダイナミックで、多様で、とてもおもしろいプロジェクトでした。これを元に提出したデザインは市の大人たちによって審査されるそうで、2021年夏現在、結果待ちの状態です(写真4)。

写真1 こどもたちによる遊具のスケッチとモデル ①

写真2 こどもたちによる遊具のスケッチとモデル ②

写真3 こどもたちによる遊具のスケッチとモデル ③

写真4 こどもたちのアイデアを元にした公園のデザイン

コリブリ小学校

 こちらの校庭のための遊具のプロジェクトでは、この小学校に通うこどもたちのアイデアを元にデザイン画を作り学校に送り、それを見たこどもたちからの意見を元にデザインを作り直し、再度送られてきたフィードバックを元に更にデザインを作り直してと、何度もやり取りを重ねてきました。コロナ禍で休校になったり授業が縮小されたりしてなかなか進まず、こちらも進展を待っている状態です(写真5)。

写真5 こどもたちのアイデアを元にした校庭の遊具のデザイン

 

 自分たちも参加して公園や校庭を計画する過程で、こどもたちは、能動的に主体的に取り組み、自分のアイデアや考えを表現したり、他のみんなの意見や考えを受け入れたり、一緒にひとつのものを完成させていくことを学べる機会となります。また、自分たちが主体となることで、「自分たちの遊び場」「自分たちの地域」という感覚を持つことができ、完成後も大切な場所となっていくでしょう。

 

こどもミュージアムで遊ぶ多様なこどもたち

 私は、ベルリンのこどもミュージアムでも働いています。ベルリンは国際色がとても強く、多様性に富んだ街。また、ヨーロッパ各国や他の国から多くの家族連れが遊びに訪れます。こどもたちは、お互い言葉が通じなくても遊びながら仲良しになる場面も多く見かけ、「遊びの力」を実感させられます。

 多くの移民・難民がドイツに来た2015年には、こどもミュージアムに難民のこどもたちがたくさん来ました。年齢も出身の国や地域も様々で、ドイツ語が少し話せた子や、全く理解できなかった子もいました。その多くのこどもたちにとって、こどもミュージアムのような場所は初めてで、喜びと好奇心でキラキラした瞳で思いっきり遊んでいた姿がとても印象的でした。

 移民でなくても、大なり小なりトラウマを持ったこどももいるし、移民でもそうでなくても、こどもはこども。恥ずかしがり屋の子もいれば、好奇心旺盛な子もいれば、やんちゃな子もいる。どんなことを経験してきたとしても、せめて、ここにいる間だけでも、遊びに没頭して、思いっきり楽しんでほしい。私たちは、ひとりひとりを見守って、楽しく遊べる環境作りに徹します。
 元々ドイツ語圏外から来るこどもたちも多いので、言葉が通じないのはよくあること。この頃は、ドイツ語がわからなくても参加できるような、体の動きを使った遊びやワークショップを通常以上に多く取り入れました。ただ、こどもたちがどのような過去を背負っているのかは分からないので、体に触れないことを普段以上に心がけていました。

 遊んでいる中で、こどもたちが、ぽつり、ぽつりと、自分の気持ちや体験したことについて話してくれることもありました。
 あるとき、男の子数人のグループとおしゃべりしながら遊んでいると、ひとりの男の子が、

「なんでドイツに住んでるの?あなたの国も戦争してるの?」

 私はしばらく言葉を失ってしまいました。その男の子はシリアからの難民で、お父さんとお母さんと妹とドイツに来たそうです。おじいちゃんやおばあちゃん、他の親戚も友達もみんなシリアにいて、「会いたくても会えない、帰りたくても帰れない」と。自分の国が戦争をしていないのに、なんで家族がいる自分の国に帰らないのか、と。覚えたてのドイツ語でぽつりぽつりと話してくれた後、ふっと黙ってから、ぱっと立ち上がって走って行ってしまいました。 

 またあるとき、7歳の女の子がお絵描きをしながら、ドイツに来るまでに溺れそうになったことを同僚のスタッフに話してくれたこともありました。たくさんの人たちと一緒にぎゅうぎゅう詰めで乗っていた小さなボートから地中海に落ちてしまって、波に飲み込まれて、もうダメだと思ったところで誰かがボートに引き上げてくれて助かった、と。そのスタッフはその女の子と、不安や恐怖、勇気について話し、絵を描いているうちに、少しずつ表情が和らいできたそうです。

 この頃の参加体験型展示は、「こどもがつくるまち」がテーマのもの(写真6)で、街の中にあるようなタイヤ付きの大きなゴミ箱を設置していて、こどもたちが中に入って自由に遊べるようになっていました。ある日、7歳くらいの男の子がゴミ箱の中に入り、10歳くらいの男の子がそれを押して遊んでいたのですが、そのうち、「殺してやる、早く死ね」というようなことを言いながらゴミ箱の蓋をドンドンと叩き始めたのです。中にいる男の子は「開けて!息ができない」と泣くような声で助けを求めていたのですが、その子は叩くのをやめず、私たちスタッフが止めに入りました。すると男の子は我に返ったように「遊んでいただけ」と言ったのですが、ゴミ箱の蓋を叩いていたその子の目には強い怒りと恐怖が見えたので、心の傷と闘っていたのだと思います。その子たちと来ていたソーシャルワーカーの方に聞くと、このふたりの男の子たちは故郷とドイツに来るまでの間にとてもひどい体験をしてきたとのことでした。

© Labyrinth Kindermuseum Berlin

 

 こどもミュージアムに来て楽しそうに遊んでいる難民のこどもたちは、それでもまだ幸せなこどもたちです。難民のこどものための施設で働いている友人や知り合いと話していると、それを強く思います。

 私は、こどもたちのキラキラの瞳や笑顔、話してくれた経験や想いから多くのことを学ばせてもらいました。私のこの経験を、一部ではありますが、日本でこどもたちのよりよい環境のために奮闘されている方たちにこのような形で届けさせていただけることに感謝いたします。


1)https://www.kinder-beteiligen.de/partizipation-kinder-jugendliche.htmより
2)Kinder- und Jugendhilfegesetz。日本語では、「子ども・若者支援法」「児童・少年援助法」とも。ここでの「Kinder/こども」とは、14歳未満、「Jugend(Jugendliche)/青少年」とは、14歳以上18歳未満。


 

桂川 茜(かつらがわ あかね)

 

福井県出身。 2007年渡独、2015年よりベルリン在住。 ドイツ・ハレの美術大学で遊びと学びのデザインを学んだ後、こどもミュージアムにて遊びと学びのデザイナー兼ファシリテーター、遊具製造会社にてデザイナーとして働いている。

 

身近な自然の中で遊ぶ:ストックホルムの遊び環境

 

子どもたちのライフステージに従った変化やニーズを受け止める遊び場の多様性

|スウェーデン・ストックホルム|ライフスタイル|身近な自然|遊び場|

森であそぼうin Stockholm(Ekomoriclub)
阿久根佐和子

     
 日本の1.2倍近くある国土に、1000万強の人口しか住まないスウェーデン。その首都ストックホルムは周辺の地方自治体を含み、常に人々を惹きつけ、8分の1程度の人口が集中し、スウェーデンの他の地域とは異なり、東京同様の都市型生活様式を特徴とする大都市圏を作っている。ふと気づくと住宅の隙間を埋めるようにあった緑の回廊が住宅地に置き換わったり、水際の埋め立て地に高層住宅が林立するような開発の進む地区が現れたりしているが、街の様相が変わりながらも家から100メートルも歩けばどこかに自然にふれて子どもたちが遊べるような場所が確保されている。

 ストックホルムで様々な自然観察・野外活動に加わり、子どもたちが自然環境の中で自分の興味で遊ぶという状況を作り出す現場に関わり続け、今では自分でも野外で遊びから気づきへ繋げられるような活動を運営している1)。それが成り立っているのも実はそういった場が社会の中に様々な形で存在すればこそだというのを、最近子ども・若者の声をいかに遊び場づくりに反映させるかという大学でのコースに参加し2)、公園づくりの意味と中身を知ったことで実感するようになった。

 ストックホルムの40%は緑地部分と言われているが、それには元々の緑地や自然を含むように計画して作られている多くの公園や園庭・校庭などがふくまれている。公園には人々のニーズや地域の特色に合わせて様々な特色を持つものが400前後あるが、その大半は住居から50m圏内にある小規模な公園、集合住宅の1区画に設えられている中庭にある遊び場、ベビーカーで辿り着きやすい中規模の公園といったものだろう。(写真1)

(写真1)住宅地の中のオアシス(Parkleken Lugnet)


労働年齢期の女性は80%以上が中断することなく働き続けている。その家族の子どもは、就学前学校が始まる1歳半前後まで、育児休業制度を利用する母・父親と濃密な時間を過ごす3)。そして、近隣の公園、自然の中の遊歩道に出かけていくことは、気分転換、子育てへの情報交換、すぐに迫ってくる職場復帰への態勢づくりなどには大切で、ベビーカーに乳児を乗せて公園を訪れる人々の姿を街中でよく見かけることになる。

 その濃密な家族だけの時間は、1歳半前後から保育所・学童・学校4)といった保育・学びの場で過ごすことに置き換わり、そこが子どもたちの日常の遊びの場となってくる。15時半前後から始まる子どものお迎え以降は家族の時間で、家に帰る前に公園に寄って一遊びすることも多い。スウェーデンの学習指導要領では自然の中で過ごす大切さが様々な形で触れられており、子どもたちの遊びの場ともなる保育・学びの場では、低学年期は休み時間を外で過ごすことが主となったり、授業・活動を屋外で行う実践5)が積み重ねられている。
自然環境の乏しい保育・学びの場では、近くの公園や緑地を園庭・校庭の延長として積極的に利用する。都市環境のために子どもが自分の意思で自由に移動して遊ぶことは難しく、子どもたちが自然の中で過ごすことを保育・学びの場が代替してくれることを評価する保護者の声が聞かれる。
 子どもが遊ぶ校庭や公園などと重なり合う様に拡張していく住宅地の問題を、子どもたちからの意見や行動範囲を調査し取り入れることで、計画を練り直し、住宅の身近な遊びの場・校庭の遊び場・プレイパークのある中型公園と緑地をうまく重ね合わせて作り出された地域もある6)。(写真2)

(写真2)右-中央の住宅と隣り合う学校(Aspuddens skola)

 

 子ども・家族に身近な自然の中に飛び込み、その遊び場の豊さを知ってもらう事を企画する立場では、日常の遊び場よりも住居の外縁にあるような自然保護区7)や休養林といった変化に富む自然環境を利用することが多い。参加者の年齢・人数・季節・目的といったいろいろな要素に対応する、まるで「ここで遊んで!」と誘いこんでくれるような多様で練られた公園の多さ、年代を問わず人々の様々なニーズを吸収してくれる管理された自然保護区のような自然環境などの多くの選択肢があることは、家族の時間を大切にするライフスタイルと絡んで子どものみならず全ての人々の遊びを豊かなものにしてくれる。(写真3)

(写真3)ストックホルムの1 番目の自然保護区(Judaskogen)にて


1)森であそぼう(Ekomoriclub): https://ekomorimoririn.wordpress.com/
2)SLU(スウェーデン農科大学): Public space for children and youth
3)SCB, 2020,På tal om kvinnor och män. Lathund om jämställdhet 2020.
4)スウェーデン表記:Förskola(就学前学校) - 保育所、Fritidshem(余暇の部屋) -学童、Grundskola(基礎学校)-学校
5)Szczepanski, Anders. Persson, Ulla-Britt. Åkerblom, Petter 2018, Teaching with the Sky as a Ceiling, Linköpings universitet.
6)Nordström,Maria. 2017, How are Child Impact Assessments used in planning child friendly environments? The Swedish experience, Queensland University of Technology.
7)Naturreservat:https://parker.stockholm/naturreservat/

 

 

阿久根佐和子(あくね さわこ)


インド留学中に乗った飛行機で、隣に座ったフィンランド人保育士(夫)と知り合い、
1989年よりストックホルムに在住しています。
自然と人間の関りに興味があります。仕事の傍ら野外教育活動を余暇に実践し、国民高等学校で余暇活動指導員の資格を取得後、野外活動主体の学童で働きました。
野外活動と自然観察活動の経験を基に、2013年より日本人家族対象の遊びを通じて身近な自然を知る「森であそぼうin Stockholm」を運営しています。