言語の選択:
 

会員情報登録のお願い

会員相互の情報の共有および交流などを目的として、会員の皆様に情報の利用範囲をご確認していただいたうえで、会員名簿の作成及び会員限定ページ内での情報共有を予定しております。会員情報の登録にご協力をお願いいたします。
 
 

【募集中】学会認定 第10回こども環境アドバイザー資格講習会のご案内

こども環境アドバイザー資格講習会では、毎年全国から集まった参加者がともに学び、交流する場となっています。こども環境に携わっている方、これから積極的に活動していきたい方など、多くの会員の参加をお待ちしております。また、既に資格をお持ちの方も再講習を受けることができます。

主催:公益社団法人 こども環境学会
期日:2017年3月17日(金)~19日(日)
会場:≪講義≫3月17、18日 東海大学高輪キャンパス(東京都港区高輪2-3-23)
     ≪試験・面接≫3月19日 建築会館会議室(東京都港区芝5-26-20)
申込締切:2017年36日(月)締切(消印有効)

詳細はこちら
 

こども環境学会2017年大会(北海道)

こども環境学会2017年大会(北海道)
 ■日程:2017年5月26日(金)~28日(日)
 ■会場:北海道文教大学
      (〒061-1449 北海道恵庭市黄金中央5丁目196番地の1)
 ■大会テーマ:「遊びで育つこどもたち」

こども環境学会2017年大会(北海道)
【プログラム】※プログラムの詳細は2月上旬にHPへ掲載予定です。
5月26日(金)    
       エクスカーション 
5月27日(土)
       開会式
      基調講演
      シンポジウム
     ポスターセッション
     社員総会 
     学会賞表彰式・受賞記念講演
     懇親会
5月28日(日)
  ポスターセッション
    分科会
    総括セッション
    閉会

※ポスターセッション参加受付中(2017年2月28日まで)
 

2017年度(平成29年度)代議員選挙の公示について

2017年度(平成29年度)代議員選挙の公示について
- 立候補者 募集 -
 
本選挙は公益法人として広く正会員に門戸を開いて、代議員選挙を実施するものです。
2016年度末で、半数の公益社団法人代議員が任期満了となります。
ここに選挙の日程をお知らせすると同時に、代議員の立候補受付を開始いたします。

2016年度末で任期満了となる代議員:改選代議員数は、10名です。

五十嵐 隆、織田 正昭、小澤 紀美子、汐見 稔幸、島田 隆道、高木 真人、
新田 新一郎、福岡 孝純、松本 直司、三輪 律江

2016年(平成28年)12月5日
公益社団法人 こども環境学会 代議員選挙管理委員長 神谷 明宏

詳細は、こちら;
2017代議員選挙
 

『こども環境学セミナー 2016 in 安平町』 開催のご案内

多くの皆様の参加をお待ちしております。
参加費無料、参加申込不要。
終了しました。多くのみなさんに参加いただきました。ありがとうございました。
 ■日時:11月12日(土)PM
 ■会場:安平町 追分公民館
 ■お問合せ先
  公益社団法人 こども環境学会 事務局 當本(とうもと)
詳細はこちらへ セミナー案内まで
 

2016年度(第12回)こども環境学会賞募集のお知らせ【10月末締切】

2016年度(第12回)のこども環境学会賞の公募を開始いたしました。
多くの皆さんのご応募をお待ちしております。
(会員外の方も入会手続きと同時にご応募いただけます。)
応募を締め切りました。現在審査中です。たくさんのご応募ありがとうございました。

詳細は、こちら こども環境学会賞2016
 

「熊本地震」被災者の皆様へのお見舞いと今後の取組みについて

 2016年4月14日にはじまった「熊本地震」は、震度7を記録し、さらに、その後の本震に引き続き1000回を超える余震が続き、予断を許さない状況が続いております。
 犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

 こども環境学会では、被災された方々への支援などを進めるべく、富山大会が開催された日、4月23日に「熊本地震についての理事・代議員による緊急役員会議」を開催し、学会としての支援のあり方を検討いたしました。

 保育園・幼稚園ならびに学校が再開されたというニュースも入ってきていますが、災害被災直後からの急性期、そして中・長期的な視点から、お子さんや子育て中の方々のニーズにそった支援が求められます。

 そこで、こども環境学会としては、子育て中の方々やお子さんたちのPTSD(心的外傷後ストレス障害)からの回復に「遊び」が重要であるという視点にたって、こども環境学会のもつネットワークによって、災害時の急性期、中・長期的に遊びの提供や遊び場の確保などを働きかけていく予定です。

 今後の活動につきましても、随時、ご報告を申し上げて会員の皆さまと情報を共有しますとともに、皆さまの情報提供やご支援も賜りたくお願い申し上げます。

2016年5月17日
こども環境学会
会長 松本 直司