編集室から

編集後記 2020冬号

秋に結婚して親戚のこどもたちが一気に増えました。親戚のこどもと正月に遊ぶなんて初めての経験なので今から楽しみです。今年は感染症の影響で外出は控えて、家の中でゲーム大会ですかね、カルタ、双六、めんこにこま…いろいろ用意したいと思います。あっ、お年玉も忘れないようにしないと。(西本雅人)

- - -

今年は誕生日に娘(5歳)から「41歳になって母ちゃんのボケがさらにヤバくなったね!」とお祝いされました。会議をすっぽかし、弁当日を忘れ、遊びの約束を一日間違え…それでも出かけるときにマスクだけは忘れない。コロナ生活が身に沁みついてきています。(粟原知子)

- - -

例年30回程度新幹線に乗って上京していましたが、今年は一度も乗車していません。今まで時間とお金をかけて、あちこちの学会に顔を出し、情報収集し、研究者と交流を深めていましたが、コロナウイルスによって状況が一変しました。やや閉塞感のある状況から早く抜け出し、笑顔で握手できる普通の生活に早く戻って欲しいです。(坂口淳)

- - -

空を見上げるのが好きです。つい先日はISS(国際宇宙ステーション)がきれいに見えて、ラッキーな気持ちに。夏空で入道雲を見つけるとなぜかワクワクし、雨雲レーダーと照らし合わせて、「あのあたりゲリラ豪雨かも!」なんて想像しています。どれだけ忙しくても、空を見上げる余裕は残しておきたいです。(荒木寿友)

- - -

今年印象的だったネット映像は、北欧政府による子ども向け記者会見。都市封鎖が始まった春先、遠隔授業最中の子ども達の不安や疑問に対し、ノルウェー、フィンランドの首相・大臣らがやさしくわかりやすい言葉で答え、励ましと感謝の気持ちを表していました。子どもの声を聞く政府・社会の実現を願って止みません。(塚田由佳里)

- - -

目にみえない災いを鬼のせいとしてきた日本の文化は、現在のコロナ禍でも鬼退治のアニメを隆盛させている。そして私もハマっている。バブル時代はwink、経済停滞時はモー娘やAKB、そして今はNiziUが流行っている。授業ネタに使えないかな~と、日々のニュースをスワイプしています。Tik Tokはまだ使えません。(花輪由樹)

- - -

福井に来てから、少し遠ざかっていた外岩クライミング。「登攀する魂」もどこかに置き忘れていたのですが、ここ最近外岩クライミング復活しました!昔はごくごく簡単に登っていたルートも、なんだかとても難しく、「怖いよ~」「痛いよ~」「ホールドないよ~」とか言いながら、楽しく登ってます。(藤田大輔)

 

編集後記 2020夏号

ことの外暑かった夏も少しずつ終わりに近づく今日この頃、学会誌夏号がオンライン発刊されました。媒体が変わると作り方まで変わるのだなと感心しきりです。編集部員の平均年齢もグンと若返り、頼もしい、スッキリした、シンプルなやりとりを積み重ねて2020夏号は完成しました。新しい学会誌が多くの人にとって、身近な存在となってくれると良いなと思います。(吉永真理)
- - -
長い梅雨とコロナ禍で今年は短く濃い夏でした。さらに、WEBマガジンの編集員にも加わり、お陰様で忘れられない夏となりました。数年後にきっと「あぁ~~あの年にWEBマガジン始まったよね!」と振り返る日が来るのが楽しみです。(粟原知子)
- - -
2020夏号から編集メンバーに加わりました。WEBマガジンの編集作業は、いまどきのオンライン作業で企画、執筆、校正確認などの作業を行っています。初めて経験することが多く、今回は完全に出遅れてしまいました。次号では編集作業の戦力になれるようがんばりたいです・・・(坂口淳)
- - -
学会誌をウェブジャーナルに!という目標から始まった編集委員会。ようやく第一号の発刊までたどり着きました。ウェブだからこそできることは何か…。委員会のメンバーでアイディアを出して、より地域が、より社会が参加できる雑誌になるように考えてきました。充実した雑誌になるよう頑張っていきます。(西本雅人)
- - -
最近、餃子を食べるときは、餃子のたれ+ラー油という定番だけではなく、餃子のたれ+黒コショウ、そのハイブリッドが多いです。とあるチェーン店では、毎回餃子2人前(12個)と中ライスを注文するのですが、まずはラー油で3個、その次に黒コショウで3個。あとはその時の気分に応じて変化させています。醤油と酢のバランス、柚子胡椒を入れる!などこだわり出したらキリがありませんが、楽しみながら試行錯誤しています。(藤田大輔)