言語の選択:

研究会一覧

地方研究会

 こども環境研究会北海道
 目的と意義北海道には30数名のこども環境学会会員がいます。多分野の研究者や実践者がいるにも関わらず、これまで地域の会員同士が交流し、活動を行う機会は殆どありませんでした。北海道は積雪寒冷な冬など特徴的な気候を有し、それは子どもの遊びや諸活動にも大きく影響を与えています。子どもが元気に育つ力の低下など全国的な現象もみられる一方で、地域特有の課題も多くあります。様々な経験を有する地域の会員が知見を交換し、ネットワークを広げ、その課題を掘り下げて理解することで、会員相互の活動の展開とこども環境の向上に資することが本研究会の設置の目的です。
 代表田川 正毅(東海大学 札幌キャンパス)

 北陸こども環境研究会
 目的と意義こども環境づくりについて教育や福祉等の視点から研究および実践の活動を行うことを目的としています。特に一般の方々の啓発とともに会員の自己研鑽に重点を置いています。なお、対象域は北信越5県です。
 代表富樫 豊(NPO地域における知識の結 代表)
 研究会URL https://www.facebook.com/hokurikukodomo/

 こども環境研究会関東
 目的と意義社会に広く開かれた学会を目指すべく、全国大会とは別に、関東エリアの実践・研究者の研究集会としての集いを行うことで、活発な学際的交流の機会を増やしていくことを目的としています。
 代表定行まり子(日本女子大学)
 研究会URL https://www.facebook.com/kanto.children.env

 東海こども環境研究会
 目的と意義名古屋を基本的なベースとする研究会であり、名古屋・東海地域の会員を中心に、広く全国の会員に参加を呼びかけ、定期的に研究会を開催しています。
また、このような蓄積をもとに、会員相互の日常的な交流、情報交換、研究、活動の協力の活性化を図っています。これまで、東京、京都からの参加実績があり、今後とも、日本の中心に位置する名古屋・東海地域にふさわしい学会研究会活動を広げられると期待されます。
 代表石松 丈佳(名古屋工業大学)
 研究会URL https://www.facebook.com/%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E7%92%B0%E5%A2%83%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9Afb-757161254386884/

 こども環境研究会関西
 目的と意義こどもたちの生育環境のあり方について研究するとともに、望ましい環境の実現に向け実践活動を行い、その成果を関西から発信します。
 代表河原 啓二(姫路市医監)
  研究会URL http://kodomo-kansai-ken.blogspot.jp/




研究会(地方研究会以外)


発達障害と生活環境を考える会
 目的と意義本会の目的は、発達障害、知的障害等により生きにくさを持ったこどもたちの支援を行うため、当事者家族、医療、療育、教育、建築など異なる分野のメンバーが集い、課題や情報の共有、研修、調査、意見交換等を定期的に行い、生活環境の整備方法を検討、この成果をまとめ提言、実践することでより良い生活環境の構築に寄与することとします。このような当事者、支援者、専門職が連携し、それぞれの知識や経験が結合されることは、より有効な支援方法が見出されるだけでなく、さらなる新たな可能性への展開が期待されることに、大きな意義があります。
 代表下村 旭

 情育環境研究会
 目的と意義情動の発達(情の育ち)を導く環境の包括的な影響基盤を理解し、情動の養育(情の育み)のための環境要因、技術推進を目的としています。
主観と客観の情報間を繋ぐ再現的な分析・評価法の開発を行い、その評価を基盤として、心の発達を導く環境づくりを目指します。
新たな環境の創成や新しい価値の創造、既存技術の優位性の根拠を提示すること、などの意義が見込まれます。
小児医科学、発達障害療育、感性工学、建築計画、環境工学等多様な分野から広く参加を募ります。
 代表小柴 満美子(山口大学)

 困難をかかえる子どもへの支援研究会
 目的と意義現代社会の矛盾を反映して困難さをかかえる子どもたちが増えてきています。
しかし、それは「子どもの貧困」とくくれる経済的貧困のみならず「複合的要因」による場合が多く、その事象を分析し対策を実施している自治体もあります。
そこで本研究会では、子どもが困難に陥るプロセスの要因としての「リスク」と「決定因子」の事例を分析し、社会システムとしての支援を検討し、広く社会に提案していくことを目的として開催します。年数回の研究会を開催して事例分析を行い、さらに、その処方箋をめぐる論説に関する文献を読み解き、学会のセミナーや大会のポスター発表等を行う予定です。なお、研究会の一環として年1回は現場視察を行なうことも予定しております。
 代表小澤 紀美子(東京学芸大学名誉教授)