言語の選択:

こどもたちが活き活きと生きられる環境を創る

こどもは自分が育つ環境を選ぶことはできません。未来を担うこども達が心身ともに元気に成育できる環境を保障することは、社会全体の責任です。学問領域を超えて研究者や実践者が集い、こどもを取り巻く環境=こども環境について共に研究し、提言し、実践していくなかで、学術的な総合科学『こども環境学』を確立し、よりよい成育環境を実現していくことが、こども環境学会の目的です。
 こども達を豊かに育む環境づくりに向けて、関心をもっておられるすべての方々の参加をお待ちしています。
 

社会にひらかれた学会として

●各学問分野の連携による学術研究体制の確立
●生活、環境、まちづくりなどの総合的な領域へのアプローチ
●こども環境に関わる啓蒙活動、施策の提案と推進
●家庭、保育、教育、地域、行政などの現場との協働
●こどもの環境づくりの国際的ネットワークの構築
を目指します。